2005年05月

2005年05月30日

大人のニキビ

無精者の私が注文を怠ったせいで、
少しの間切らしていたお気に入りの洗顔。
それが無かったせいか、
はたまた、会社のお弁当相棒が長期休暇で旅行に行ってて
外食が続いたせいか、
私のお肌にポツリポツリと大人のニキビ。

大学生になってから、やがてニキビは少なくなり、
会社に入ってからは空調のせいか、
今までありえなかった乾燥カラカラお肌になってた私。
すなわちこのニキビは衝撃的。

デリカシーのないうちの父に、
「おまえ、なんかゴミついてるぞ」と。ちょっとちょっと・・・。

ようやく昨日注文の洗顔が到着!!
さぁさぁ、
コエンザイムQ10も入った化粧水も来たことなので、
若返り!美白といきましょう◎

睡眠不足解消のため
早く寝ます。

at 22:35|PermalinkComments(5)

2005年05月29日

感想文@保護者の印鑑付

あの子達はただ花火を打ち上げたかったのだ。
ただ、自分たちのできる事を主張したかっただけなのだ。
ここにいて、ここで豊かな息をしている自分を
何かのカタチで表現したかったのだ。

自分が躓いたのはいつ??

あれは小学校の頃でした。
あの時あの境遇に遭わなければ
こんな事にはなっていなかったと思う。
あれがすべての始まりです。

今日中学の先生の話をしました。
私の横にいたワルガキは、
しばらく学校を休んでいたけど、
実は行っていたのは少年院でも鑑別所でもなく、
精神科のある施設だったらしい。
私の前ではごく普通で、
たまには悪いこといっぱいしてたけど、
でも自己表現はたっぷりで、
私は生きてるという人の力を感じてたくらい。
中2の時の先生、マツダが私は当時大好きで、
その子もマツダが大好きだったみたいで、
そんなところも私と合うところから
私は彼を人として好きでした。

でも、大人からみたら
その突発的な行動や、
すぐカッとなって、いわゆる「キレる」という行動を
自律神経の欠落と考えていたようで。

マツダが歌う歌を黙って聞いて、
感動していた彼は、一体何が欠落してたの??
マツダに本気で向かっていく彼を、
本気でむかえてたマツダはなんだったの?

あの頃の自分がまだ私の中にあるままの今の私は、
まだ、彼が精神科に通っていたことを信じられない。
うちの母も彼の事は大好きだったから。
一番子供らしいって。

でも、少しだけ今わかることは、
今の私があの時の先生だったら、
その社会的な結論を求めていたかもしれない。

先生っていう職業は考えているより複雑で難しい。
生活の糧として行っている仕事だけど、
扱っているのは子供の精神。
先生が発する言葉も行動も
子供たちの成長の過程のひとつのモノとなる。

数年前私は教職をあきらめてました。
後悔はしたけど、
あの時の選択は間違ってないな。
今だって、形がなく、体験してみるまでお客さんが実感できない
旅行という商品を売っているだけでも、
私はすごくプレッシャーを感じていたのに、
その売るものが子供の将来にさえ影響を与えるものなのなら、
私はその責任とプレッシャーにたぶんつぶれていたでしょう。

私の恩師は素敵な人たちでした。
いつかのブログにも書いたけど、
今の私ががんばっていられるのは
過去お世話になった、つぼみだった私を咲かせてくれた
先生のおかげだから。そう思うから。

at 23:08|PermalinkComments(2)

2005年05月26日

京都にて

少ししゃべりすぎたかな??

自分がバランスを壊してしまいそうな事を
少ししゃべりすぎました。

そう。でもしゃべらせたのはあなたの瞳。
暖かい目で笑ってるあなたは素敵です。

私という人が
どういう
日々をすごしているか

それは
知らなくてもいいんじゃない??
知ってたら
余計にしんどくならないの??

ただただ、
私はわかってくれる人を見つけて嬉しかったのです。
自分を救ってくれる人っていう訳じゃなく、
自分の言いたい事を
理解してくれる人を。

からまわりしてたらごめんなさい。

私は、この世界で
人であり「なみ」であるのだから。

at 21:39|PermalinkComments(0)

2005年05月25日

6年間で初めての事

6年くらい仲良くさせてもらっている仲間のリーダー的存在の人に
今日は初めて迎えに来てもらいました。
今まではいわゆるカワイイ子しか迎えに行かない人だったのに・・・。
彼も「経た」ものです。
いや、私が「経た」のか?

今日は友達との飲み会。
気を許した友達なので問題なく楽しく飲んでいたのですが、
ゆらゆらと襲ってくる腹痛。
そのために先に帰りました。

最近、疲れがたまるせいか、
すぐにお酒を飲む場所で腹痛がおこります。

そのおかげで語れたこともたくさんあるけど。
でも、最後までいたかったなぁ。

あの頃の思いを、感動と楽しみを
ずっと分かち合える仲間の場所で。
そう感じられるのも6年間で初めてのことでした。
自分の思いを赤裸々にしゃべったのも、
6年間で始めてのことでした。

at 21:32|PermalinkComments(0)

2005年05月24日

くろなみ

今日私は「やけに黒い!!」と色白の先輩から言われました。
どうやら屋外で遊ぶことが増えて
ややこんがり小麦色になってるみたいで。

無精者かつ科学たっぷりの薬品が苦手な私は
正直あんまり日焼け止めがきらい。
においも嫌いで、一度スキーの修学旅行で
においに酔って吐いたことがあるくらいで・・・。

でも、それだからと言って
化粧すらしなかった4年前の夏、
北京での日差しをサンサンとあびた私のほほには
ぽつりぽつりとシミさん登場。

やはり3・4年であらわれるというのは本当のようですね。
身をもって体験。

もう「夏は自然に任せて太陽にやかれて当然」なんて
言っていられる歳ではないのかも。涙

無添加無香料日焼け止めを購入します。

at 23:43|PermalinkComments(8)