2005年11月

2005年11月30日

ジョゼと虎と魚たち

先日、遅いながらも「ジョゼと虎と魚たち」の映画を見ました。

 私の感想 つまぶきくんのこと嫌いになりました。

ということだったんですが、
このことをいろんな人に話すとまた違う意見が。

私がつまぶきくん扮する恒夫君を嫌いになった理由は、
恒夫君の行動が、というよりもあの映画の世界が
あまりにもリアルすぎたから。

私が見た映画のラストは
結局は恒夫君は健常者へ
ジョゼは一人で鮭を焼いて食べる

「わかれた理由はいろいろ、っていうか、オレが逃げた」
という台詞 (確かそんな感じ。正確ではないかも・・・)
そのシーンがとてもリアルでした。

これはなにを伝えたい?
これは映画じゃない、映画ならハッピーエンドで泣かせて!!なんて
思ってしまったんだけど、
今あの映画がこうして私の心にものすごく残っているって事は、
そういうリアルさが、怖くもあり、逆に感動でもあったのかも。


といったことを、ふつふつと思っていたのですが、
違う意見がひとつ。

恒夫君は初め全力で好きになって
本当に相手の状況関係なく好きになって
そこが素敵だったという意見。(でも当人はツマブキ君ファン)
いい映画だったよね。せつないよね。と言ってました。


見る人によってこうも意見が違うのか・・・
私は悲しくて涙がとまらなかったんだけど・・・。

でも後から見たこの映画のコピーは
「忘れたい、いとおしい、忘れられない」
でした。

恋愛って難しいですね・・・。

何が良くて何が悪くて
何が素直な気持ちで、何が相手を傷けたりするのかなんて
だれも答えは出せない最大の謎のような気がします。


at 23:30|PermalinkComments(2)考えたこと 

2005年11月27日

たとえ左足がなくなっても

がんばれ、ウサコフ!!!

img20051130.jpg


実家にいるうちの愛するウサギのウサコフが怪我をしました。
どうやら元気なウサコフは家の中で飛び跳ねて
階段から落ちたか、どこかにぶつかったのか
左後ろ足を骨折してしまったようです。

動きがおかしいウサコフを見て
お父さんが急いで病院へ連れてってくれましたが
結局足を切らないといけなくなってしまいました。

足を切られるなんて
想像すらしてなかったことで
ウサコフを想うと悲しくて悲しくて仕方ありません。

でも、お医者さんが言うには
すぐに歩けるようになるよって。

来週の月曜日手術です。
今は怖い注射にも、初めてのレントゲンにも、毎日の塗り薬にも
がんばって耐えてるみたい!!

がんばれウサコフ!!!

at 23:10|PermalinkComments(2)ほのぼの日常 

2005年11月20日

新しいこと

少し前に携帯を新しくしました。

05-11-20_15-45.jpg

こんなに楽しい画像も
くっきりでっかく♪

今日は天王寺動物園に行ってきました。
都会のど真ん中でこんなにもたくさんの動物達がいるなんて。

at 01:53|PermalinkComments(2)ほのぼの日常 

2005年11月05日

万人に受けるなんて

intelのCMを見ました。
どこかでintelのようなハイテクな会社が
アナログなCM作っててダサい・・・なんてひややかな声もあるようですが
私的に、今回のサボテン編、とっても好きです。

その理由は単純。
先日うちにサボテンが来たからハート
intel抜きにしてもサボテンはかわいいなぁ。
私の背中もサボが押してくれるんだろか??

ちなみにこの文章かいてて思ったんですが、
「サボテン」って「仙人掌」って書くんですね。
おおおぉぉぉ。とっても神聖だ・・・。

at 02:22|PermalinkComments(2)ほのぼの日常 

2005年11月04日

そりゃ5時間も待てば

今日は休日でした。

焦って走って緊張して
ゆっくりまったりのんびりして
イライラどきどきハラハラして
でもそれはただの便秘だったり
それはそれでとても嬉しかったり

うきうきしてワイワイ騒いで
歩き出して探し回って走り出して
お買い物して風切ってものすごいスピード出して
今日作った煮物は最高な味だったり
時間を忘れるほどゆっくりお風呂で読書したり


最近自分でも、あぁ少し強くなってきたなぁと思うことしばしば。
悩むなら、本当に悩まないといけなくなる瞬間まで悩むな。
その時が来てから悩もう。
って思ってます。常に。

明日は仕事です。あぁ。

at 00:22|PermalinkComments(0)考えたこと