2006年11月

2006年11月26日

彫る

昔から「彫る」ことに興味を持っていた私。
基本的に上手ではないが、とにかく彫ることに没頭している時間が好きなのでした。
何よりも石が彫りたい!!と思っていたところ
ひょんな巡り会わせでガリガリと石を彫る
おしゃれなハンコ彫りの先生と出会うことができました。

私の初作品です。

dscf4602.jpg

私をよく知る人なら「私らしい」と言ってくれるかな(笑)

次はお手紙用の郵便番号枠のハンコのデザインが宿題。
さぁどんなデザインにしようかなぁ♪


at 00:11|PermalinkComments(0)ほのぼの日常 

2006年11月25日

旅のマンホール~箕面公園

箕面公園へ紅葉を見に行きました。
そこで見つけたマンホール。

落ちている紅葉が可愛らしい♪
秋はやっぱりいいですね。

dscf4597.jpg

大阪府箕面市にて。

at 23:45|PermalinkComments(0)旅のマンホール 

2006年11月23日

旅のマンホール~尼崎

尼崎駅前にて撮影。
この日は冬しか開かないという牡蠣の専門店
「かき金」へ行きました。
土手鍋は最高に美味しくて熱燗が体にしみました。

dscf4572.jpg


兵庫県尼崎市にて。

at 23:52|PermalinkComments(0)旅のマンホール 

2006年11月20日

私とブログと

私はいろいろなものに愛着があり、
なかなかものを捨てられないタイプです。

このブログもそうです。
書き始めてから今月で2年になりました。
その間の素敵な思い出や、しんどかったこと、
嬉しかったこと、全部全部乗っかってます。

ただ、最近、自分が想像していなかったことにぶつかってしまったのです。

先日友達が言っていました。
「ブログを書くということは少なからずとも自分の意見を公に何かしらアピールしたいという欲望でしょう。」と。

私は今までこのブログに「公」という意識は少なく、
見てくれてる「友達」が私のブログの中では「公」でした。
まぁその時点で、世間知らずなわけなのですが、
しかし、こうして2年も書き続けてくると、
検索サイト云々、その他もろもろ、
私にとって見てもらい人でない人にも見られちゃうんですよね。

私のブログは何かのテーマに沿ったものでもないですし
私の平凡な日々に起こったことをただつらつらと書いているだけ。
じゃあ私は一体何をこの世界にアピールしたいんだ!!??


初めは私の裏の部分の頭にたまった荷物を
言葉として吐き出して整理する場所にしてたのです。
「わたし」=「ブログのわたし」であるのは間違いないのですが
「公に見せてるわたし」≠「ブログのわたし」でもあるのです。
もしかしたら「ブログのわたし」は公に出したくない部分のカタマリだったかもしれません。

でも私はやっぱり少なくとも誰か人に、アピールしたくて、知ってもらいたくて書いていたことには違いありません。
(今このブログを書いている時点でその通り。)
誰かの反応が嬉しかったり、支えられたり、落ち込んでいるのを察してくれる友達がいたり、私のブログに影響を受けてくれたり、久しぶりに会っても久しぶりに会った気がしない事が心地よかったり。

とりあえず私は、このブログというものが
どれだけ公に対して広いものであるのかにようやく気がつきました。
それに気がつき、怖くなってしまい、
最近は少し手が止まっていたり、
思ったことをかけなかったりしていた部分もありました。


しかーーし!!!!!

このブログは大事な大事な思い出がたっぷり。
今後このブログに対する目的は違っていっても、
これからも大切にしていってあげようじゃないの!!!

途中で何かを投げ出すのも嫌い
ましてや、大事にしてきたもの、そう簡単には終わらせられません。

今までは本当の頃を書きすぎたので
もしかしたらこれからは「公」に適した
ウソの事を書いてしまうかもしれません。
でもそれも私から発する言葉です。
ウソを書いたことが本当の事実なのです。

こんな私のブログですがよろしく。
て、むっちゃ長くなったけど
ここまで最後までちゃんと読んでくれる人っているのかな(笑)

at 00:16|PermalinkComments(4)考えたこと 

2006年11月19日

観劇『夕景殺伐メロウ』

11月19日まで大阪精華小劇場でおこなわれていた
デス電所『夕景殺伐メロウ』を見てきました。>>デス電所

「私が最初に見た風景は、夕方。そう、そんな記憶があります。」

そんな話し出しで始まるこのお芝居。
ボキャブラリー乏しい私には語れないほど、
すっごく良かったです。すごかったです。

ものすごく繊細でシリアスなテーマなのに
よくわからない奇想天外なストーリーで
ダンスあり、音楽あり、笑いあり、シモネタありの2時間。
とにかく引き込まれました。

そして役者さんが個性的で全員面白い!!
演出の竹内佑さんは天才かと思った!!
生音楽を演奏してる和田さんがカッコイイ!!

と、すこしばかりミーハーとも言える感想となりましたが、
今後の芝居も是非チェックしたいです。

12月2日から東京公演のようです。
東京お住まいの方は是非チェック。要チェック。

at 23:46|PermalinkComments(0)美しいものの記録