2007年02月

2007年02月25日

私の孫悟空

今日はガリガリハンコ教室。
今回のハンコの課題は、石の両側どちらも削って
ニコイチのハンコを作る。ガリガリ・・・

そしてできました。
私の孫悟空!!

hanko.jpg


at 09:54|PermalinkComments(0)ほのぼの日常 

2007年02月18日

卵とひょうたん

今日はみんぱくへ行きました。

dscf5007.jpg

いつ見ても太陽の塔は素敵です。

本日のテーマはみんぱく常設展を堪能すること。
なかなか常設展をじっくり見たことがなく、
今日はとっても楽しみな日でした。

ちなみに私は卵が大好きです。
一日必ず1個食べます。
スーパーへ行くと必ず卵コーナーチェックです。
ヨード卵光は買いませんが、
お店の中で10個パックの一番高い卵を必ず買います。

そんな私はひょうたんにも興味があります。
ひょうたん歴は長くはないですが、
あのフォルムが可愛らしくて仕方ない。
素朴な色具合もたまらない。

今日、そんな卵とひょうたんの芸術に出会うことができました。

dscf4999.jpg

ヨーロッパの文化の中に、
イースターの卵の展示がありました。
綺麗に色と模様をつけられた卵達。
卵は復活と再生の象徴なのだそうです。

dscf5001.jpg

そしてアフリカの展示の中、
ふと視界の隅に丸いポコポコしたもの達が並んでいるのを発見。
近づいていってみると、それはひょうたんから作られた
飾りと器でした。
ひょうたんはアフリカが原産。
アフリカの女性は、焼き鏝でひょうたんに模様をつけ、
器や楽器、柄杓など、ある時は帽子にもなっているとのこと。
日本でもひょうたんはお酒の入れ物になってたり
縁起物として使われていたりするけれど
こんなにも地球の広い範囲でひょうたんが活躍しているなんて知らなかった。

とりあえず卵とひょうたんにさらに一歩近づく事ができて良かったです。
私はどうやら、丸いものが好きみたいです。
そしてやっぱりみんぱくは大好きです。

at 22:21|PermalinkComments(2)ほのぼの日常 

2007年02月14日

今年は毎日

今年に入り、生まれて初めてしていることがあります。
それは「日めくりカレンダー」を毎日めくっていることです。

先日会社の友人が香港へ行き、
お土産に買ってきてくれたもの。
だから中国の暦なのです。

今日はバレンタインデー。
めくってみると、可愛らしい男の子とと女の子。

今日は「情人節」なんだって。

dscf4965.jpg


at 22:18|PermalinkComments(0)ほのぼの日常 

2007年02月12日

旅のマンホール~博多

博多ではどんなマンホールなんやろか!?と
期待大でワクワクしていたのですが、
あれ?と思うデザイン。これは一体なんなんだ??
謎は深まるばかり。

dscf4958.jpg

福岡県福岡市にて。




at 02:26|PermalinkComments(0)旅のマンホール 

憧れの九州③「大宰府天満宮」

今日が九州最終日。
今日は昼ぐらいまでゆっくり寝て、太宰府天満宮へ行った後、ぶらぶら博多の町を散策しよう、という日だったのですが、ここに来て若干ハプニング。

いつもすこぶる元気な友人の体に、
どうしたことか異変が起こり、
私一人で出発することになりました。

知らない街の一人歩きは全然平気、
むしろ好きな方であったりするので、
今思うと申し訳ないが友人を置いて一人大宰府天満宮へ。

dscf4927.jpg

ここ太宰府天満宮は学問の神様、藤原道真を祀る場所。
ちょうど梅の季節の始まりのせいか、
受験シーズン真っ只中のせいか、
はたまた連休であったせいか、
とにかく人人人の大渋滞。

人に邪魔されずゆっくりのんびりしたかったのですが、
咲き始めていた梅がかわいらしかったので
なんだか身も心も癒されました。
やっぱり梅は「日本」というの雰囲気にあってますね。

dscf4925.jpg

天満宮に行くなら是非食べるべき!という友人おすすめだったのがこちら「梅ヶ枝餅」。
参道のいたるところにこのお餅屋さんが並んでいました。
あまりにも美味しそうだったのでお土産用に一袋と
自分用に1つ購入。

dscf4950.jpg

簡単に言ってしまうと、
お正月に食べるような普通のお餅の中に
あんこが入っているだけなのですが、
外の表面はパリっとしていて、お餅はトローリ、
そしてあんこの甘さがこれまた絶妙。
一人でニヤニヤしてしまうほど美味しかったです。

今年2度目になりますが、
ここ太宰府天満宮で記念に1つおみくじを引きました。
出たのは「吉」。
まぁまぁかな、と思っていたのですが、読んでみると
「目標を高く持てば必ず叶うでしょう。」
と書かれておりました。
どうやら今年はいろいろなことの「収穫期」にあたるとのこと。

結構大吉を引いてしまう私ですが
大吉の「すべてよし」と言われるよりも
今回の「吉」の方が、なんだか目標を高く持とうという楽しみが増えました。
なんだかいろいろ、がんばってみようかなぁと思った日となりました。

夜元気になった友人と合流し、
噂の「秀ちゃんラーメン」へ行き、大満喫。
博多ラーメンは細麺で美味しいなぁ・・・ラーメン

そして私達は帰路へとつくのですが
最後の最後まで至れり尽くせりだった友人姉夫婦、そしてここまで連れてきてくれた友人に本当に感謝です。



この旅で一番心に残った事があります。
友人姉夫婦には2歳の1人のお子さんがいます。
阿蘇へ行った日、その子が「もっと遊びたい」と言ってずっとワーワー泣きやまなかった時がありました。
その時、お母さんである友人姉が
「はよ泣き止まんと夜オバケが来るよ!!」と
本気の表情できつく言った時
どういう訳か、ものすごく感動して涙が出そうになりました。

子供への母の愛とでも言うのでしょうか。
母と子の日常とでも言うのでしょうか。

子育てと無縁の生活の中で生きている今
とても新鮮だったということもありますが
あぁ私もこうして怒られたなぁと母を懐かしみ、
オバケを怖がっていた時の小さい頃の自分を思い出しました。

私も早くお母さんにならないとあかんね。

at 01:38|PermalinkComments(0)旅の記録