2007年04月

2007年04月29日

本日のハンコ

今日はお天気もうららか。行楽日和。
しかし私は二日酔い…

でもちゃんと石に向かってきました。ガリガリ……

今日のテーマは、
5㎜、8㎜、1㎝のハンコ3タイプ。

デザインはこちらにしました。
dscf6009.jpg

遠くて見えないので拡大します。
テーマは「カエル」。

下から「たまご」
dscf6012.jpg

次に「おたまじゃくし」
dscf6011.jpg

最後に「カエル」です。
dscf6010.jpg

扉を開けるなり、「典型的二日酔いって顔してるなぁ~」と言われた午後。
そんな二日酔いにしては上手にできました。
酔い覚ましにはガリガリが最適かもね♪

at 00:44|PermalinkComments(5)ほのぼの日常 

2007年04月22日

悲しいことと嬉しいことと苦しいこと

お久しぶりの日記です。

前回の日記から今日までの間に旅に出ていたこともあるのですが
実は私の愛用のパソコンちゃんが壊れてしまったのです!!

それはそれは見るも無残…
突然うんともすんとも言わなくなり、今までのデータがすべてパー。
どうやらHDDが死んでしまったようです。
もちろんバックアップを取っていなかった私が悪いのですが
1年分の写真も、その他もろもろ水の泡…。

モノははかない、形あるものはすべて消えゆく…
とは言うもののショックでショックでたまりませんでした。

どうしてもやらないといけないこともあり
やっぱりパソコンはもはや必需品であったので
本日、意を決して購入しました。新パソコン。

これでやっとおうちでネットができる!!
やりかけてた作品も完成に近づく!!
写真も取り込むことができる!!
万歳!!!

しかし待っているのは超貧乏生活…
嬉しいのは束の間、白飯たくあんノンアルコール生活か困った


この半月は「喜怒哀楽」を一気にやったような感じです。
精神的になかり疲れましたが
先日までの旅で少しは癒されました。
さて、旅の日記でも書きましょうか笑顔

at 18:04|PermalinkComments(2)ほのぼの日常 

2007年04月19日

日本の南の方へ⑬「旅のおわり」

名残惜しく竹富を出て、石垣に向かいました。
行きの船とは打って変わって、なんと穏やかでさわやかな10分なのでしょう。

ぱいらんどのおばあのサーターアンダギーを注文してあったので
空港へ行く前にぱいらんどによると!
なんと石垣で出会った髪の長い旅人(?)がおる!!待ち伏せ!?笑
でもやさしい彼は私を空港まで送ってくれましたぁ☆
その後彼は一人グラスボートに行ったらしい…さみしくなんかないよ!!笑


話は変わり、今日は一年で一番潮が引くという日だそうです。
宮古島の八重干瀬(やびじ)が有名で、いつもは海の中にある場所が普通に足で渡れるぐらいにまで引くそうです。
竹富のビーチも、逆に泳げないくらい浅く、ずっと遠くまで歩いていけるぐらいにまで引いていました。
↓見えるかなぁ。真ん中あたりにある黒い線は歩いてる人です。
dscf5942.jpg


そんな日に私は出発です。
しかもこの天気、絶対に窓際を確保して空の上から島を見たい!!
そんなわけで国内線にも関わらず、約2時間前に空港に到着。
見事窓際をゲットしましたが、待ち時間が長い長い…
しかも石垣の空港なにもない…
そうこうしているうちに襲ってきた激しい睡魔に空港の喫茶店で爆睡(笑)

でもそこまでした甲斐がありました。
みごとに、潮が引いてリーフに囲まれた島を見ることができました。
dscf5956.jpg
石垣島の東の海岸です。右端が平久保の方になります。

石垣島全景です。本当にありがとう。
dscf5957.jpg
続いて多良間島と水納島が見えてきました。いつかは行ってみたいなぁ。
dscf5958.jpg
次に伊良部島と下地島が登場!でも、あいにく雲に隠れてしまった…
ちょうど真中にあります。数日前ここにいたかと思うと面白い。
dscf5959.jpg
そして待ちに待った宮古島です!!写真では分かりにくいですが八重干瀬も見えました!!
dscf5961.jpg

上から見る島々もなんて青くてきれいなんでしょう。
自分がいた島の上を通り、今までの旅の思い出も思い出し、本当に感動的な景色でした。
みんなまさか私がみんなの真上を通ってるなんて思わんやろうなぁとニヤニヤしながら…笑

12日間という長い旅でしたが、本当にあっという間でした。
たくさんの人と出会って、たくさんの笑いと感動があり、
たくさん美味しいごはんとお酒をいただいて
のんびりぼんやりして、本当にありがたい時間となりました。

ちょっとだけ、また違う自分を見つけられたような気がします。
そしてまた、会いたい友達が増えました。

みんなにとって、ずっとずっと癒しの島でありますように。
dscf5966.jpg


at 00:32|PermalinkComments(2)旅の記録 

日本の南の方へ⑫「竹富にて」

竹富島に来たら「夕陽見て、星見て、朝日を見る!」と決めていた私。
完全ではないですが、あの暴風雨から一転し夕陽も見れて
文句なしの星空がみれて、それだけでも大満足でした。

本日最終日。旅はここで終わりです。
昨日の夜はかなり感傷的になりました。
一人で泊まったせいもあり、黙っていろいろなことを考えました。
今までいろんな人に囲まれていたから、すごく静かな夜に思えました。
だからこそ、最終日にはふさわしく、旅と自分を思い返す時間となりました。

朝日から青空まで。水牛と赤瓦の島にて。
dscf5860.jpg

dscf5877.jpg

dscf5881.jpg

dscf5895.jpg

dscf5896.jpg

dscf5911.jpg

dscf5923.jpg

dscf5925.jpg

dscf5931.jpg

dscf5944.jpg

とにかく、写真を撮りすぎてしまいました。
お恥ずかしながらこの日の竹富で100枚ぐらい写真撮ってるみたいです(笑)

宿のおじさんに、「晴れたらこんなにきれいなんですねぇ」というと
「晴れも曇り雨も全部違うけど、朝も、昼も、夜も、全部違うよ」と教えてくれました。

竹富島は石垣島からたったの10分で、日帰りできる身近な島だけど、1泊しないと(いや、それ以上やね。)島の良さはわからないらしい。
旅の友達に聞いて、急遽竹富1泊変更した私。
最後にこの景色と天気を、この島で見れて本当に嬉しかったです。

at 00:00|PermalinkComments(0)旅の記録 

2007年04月18日

旅のマンホール~竹富島

竹富島は真っ白で奇麗なサンゴの砂が道にまいてあります。
それはハブが通ったかが一目でわかるためだそうです。
ゆえに(?)マンホールもこの通り。笑
なにか書いていて欲しかったような気もするけど…
dscf5788.jpg

沖縄県八重山郡竹富町字竹富(竹富島)にて。

at 13:20|PermalinkComments(0)旅のマンホール