日本の南の方へ⑫「竹富にて」悲しいことと嬉しいことと苦しいこと

2007年04月19日

日本の南の方へ⑬「旅のおわり」

名残惜しく竹富を出て、石垣に向かいました。
行きの船とは打って変わって、なんと穏やかでさわやかな10分なのでしょう。

ぱいらんどのおばあのサーターアンダギーを注文してあったので
空港へ行く前にぱいらんどによると!
なんと石垣で出会った髪の長い旅人(?)がおる!!待ち伏せ!?笑
でもやさしい彼は私を空港まで送ってくれましたぁ☆
その後彼は一人グラスボートに行ったらしい…さみしくなんかないよ!!笑


話は変わり、今日は一年で一番潮が引くという日だそうです。
宮古島の八重干瀬(やびじ)が有名で、いつもは海の中にある場所が普通に足で渡れるぐらいにまで引くそうです。
竹富のビーチも、逆に泳げないくらい浅く、ずっと遠くまで歩いていけるぐらいにまで引いていました。
↓見えるかなぁ。真ん中あたりにある黒い線は歩いてる人です。
dscf5942.jpg


そんな日に私は出発です。
しかもこの天気、絶対に窓際を確保して空の上から島を見たい!!
そんなわけで国内線にも関わらず、約2時間前に空港に到着。
見事窓際をゲットしましたが、待ち時間が長い長い…
しかも石垣の空港なにもない…
そうこうしているうちに襲ってきた激しい睡魔に空港の喫茶店で爆睡(笑)

でもそこまでした甲斐がありました。
みごとに、潮が引いてリーフに囲まれた島を見ることができました。
dscf5956.jpg
石垣島の東の海岸です。右端が平久保の方になります。

石垣島全景です。本当にありがとう。
dscf5957.jpg
続いて多良間島と水納島が見えてきました。いつかは行ってみたいなぁ。
dscf5958.jpg
次に伊良部島と下地島が登場!でも、あいにく雲に隠れてしまった…
ちょうど真中にあります。数日前ここにいたかと思うと面白い。
dscf5959.jpg
そして待ちに待った宮古島です!!写真では分かりにくいですが八重干瀬も見えました!!
dscf5961.jpg

上から見る島々もなんて青くてきれいなんでしょう。
自分がいた島の上を通り、今までの旅の思い出も思い出し、本当に感動的な景色でした。
みんなまさか私がみんなの真上を通ってるなんて思わんやろうなぁとニヤニヤしながら…笑

12日間という長い旅でしたが、本当にあっという間でした。
たくさんの人と出会って、たくさんの笑いと感動があり、
たくさん美味しいごはんとお酒をいただいて
のんびりぼんやりして、本当にありがたい時間となりました。

ちょっとだけ、また違う自分を見つけられたような気がします。
そしてまた、会いたい友達が増えました。

みんなにとって、ずっとずっと癒しの島でありますように。
dscf5966.jpg


at 00:32│Comments(2) 旅の記録 

この記事へのコメント

1. Posted by とりばっく   2007年05月12日 13:11
いやぁ、かなり旅日記満喫させていただきました。ありがとう。
読んでる人をそこに行かせたくなる日記だよ。
わたしも南の方にに行きたーい!!
なみちゃんの旅は、ほんと精一杯楽しんで、充実してそうだね。
うらやましいなぁ。
わたしの旅日記なんて、登場人物いないから(苦笑)
ちょっとは見習わなきゃねぇ。
2. Posted by なみ   2007年05月13日 00:42
別に私の旅は特別人より楽しい!って旅行ってわけではないと思うよ~。
旅にはいろいろなスタイルがあるわけだし
自分が一番心地よい時間を過ごすことが、一番楽しい旅なのだと思います。
とりばっくにはとりばっくのスタイルがあっていいと思う!!
別に私を見習うとか、そういうのは不要だと思うよ!!
ていうかこの前とりばっく橋の上で発見~(笑)
すれ違ったのわからなかったなぁ♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本の南の方へ⑫「竹富にて」悲しいことと嬉しいことと苦しいこと