料理の記録

2009年01月20日

美味し柚子味噌

dscf7894.jpg

先日友人よりたくさんゆずをいただきました。
柚子茶にしようか、お料理に使おうか…いろいろ考えましたが、やはり保存食がベストと思い、「柚子味噌」を作ることに決定。

レシピはいろいろネットで調べて後は適当に作ってみましたので、正確な分量
はわかりませんが(笑)でもこれは唸るほと美味しいっ!!!大成功ですクラッカー

今回使ったゆずは大1個・小6個。
まず細かくみじん切りにして種を取り除き鍋へ。
dscf7897.jpg
水をひたひたに入れて煮込みます。
dscf7898.jpg
水が半分ぐらいになったら、砂糖約150~200g、白みそスプーン山盛りを2杯、普通のみそ(私はカネヨ麦みそを使いましたので結果色が白っぽいです。)スプーン山盛り3杯、酒50ccほどを入れ、練りながら煮詰めます。
dscf7899.jpg
完成!!!!!
これは本当に美味しい!!!
そのままでお酒のあてにもなるだろうし、田楽にしても美味しそう。
マヨネーズと混ぜてドレッシングにもできそうです。
白みそにしたせいか、甘くまろやかで上品な味に仕上がりました。
dscf7902.jpg
明日から夕食のバリエーションが増えそうです♪

ゆず、ありがとうね!!

at 16:43|PermalinkComments(2)

2007年05月14日

感動!!石垣島ラー油!!

石垣島に行った時に、友人が
「これは絶対買っとかなあかんで」
と言って、ほぼ雰囲気に流されてかった石垣島ラー油
石垣島のゆいロードに面した建物の2階、まるで普通のマンションの1室のようなラー油工房にて購入しました。

とりあえず、いろいろなレシピに使える…
とのことだったので、私のお気に入りの緑豆と大麦のお粥にトロリ。
まぁ…!!!!なんと!!!
むちゃくちゃ美味しい!!!!!!

安いザーサイがものすごく引き立ちます。
これはただのラー油じゃない!!!

この感動は衝撃的でした。すごいぞ、石垣島ラー油!!
dscf6140.jpg


at 23:08|PermalinkComments(2)

2006年10月29日

幻のチーズ祭り

「幻のチーズを手に入れた!」という
かなり魅力的な友人の一言により
本日チーズパーティを開催しました。

私は大のチーズ好き。
最近の暴飲暴食=ダイエットを余儀なくされている現状にも関わらず、思う存分チーズとワインを満喫しました。
うぅ。幸せでした。

dscf4395.jpg

まずはオードブル。
・ホタテのカルパッチョ+パルミジャーノ
・トマトとモッツァレラのカプレーゼ
・焼きパプリカとイタリアンパセリのマリネ
・タコのマリネ
といったメニュー。
ホタテのカルパッチョのドレッシングは
粒マスタードとオリーブオイルで作りましたがなかなかイケました。

そして本日のメインは、幻のチーズ「モンドール」
なるほど、表面が波打っていてさすが幻、おいしそうだ。
と思っていたのですが、
ふとネットで食べ方を見てみると
「幻のチーズなんかじゃない」とのフレーズが!!!
全員一瞬凍りつきましたが、
「幻なら食べられない」と続きが。
そんな当たり前のオチはいらんねん、と思いましたが
なかなか日本では買えないチーズのようです。
今回は、にんにくと白ワインを入れてオーブン温め、
フォンデュ風にしていただきました。

dscf4396.jpg

とろり・・・
そこまで癖がなく、とってもクリーミー。
パンにたっぷりつけて食べると最高でした。
(ちょっとこげてしまっていますが・・・。)

その他、四角いカマンベールのチーズ(名前を聞けず)
ブルーチーズ、山羊のチーズ(ロカマドゥール)など
チーズ大大大満喫!!
ワインもたくさん頂いて大変贅沢な一日でした。

しかし明日からさっぱり系食物でダイエットスタートは必須となりました。
再来週は健康診断だぁ・・・。

at 22:22|PermalinkComments(2)

2006年10月15日

無花果祭

~無花果~いちじく~イチジク~ichijiku~

dscf4227.jpg

本日は「いちじくまつり」を開催。
お腹がはちきれんばかりのいちじくを満喫しました。

【本日のいちじくメニュー】
・いちじくと生ハム
・いちじくと牛肉と栗の煮物
・いちじくのお粥
・いちじくパン+いちじくジャム添え
・いちじくのチーズケーキ
・いちじくプリン
・いちじくのワインゼリー
・いちじくの甘露煮
・いちじくのお酒(チュニジアのいちじくブランデー)

どれもこれも美味しくて
いちじくの奥の深さに感動。
一番美味しかったのはいちじくと牛肉と栗の煮物でした。
一番ダメだったのは私が持ってきた(チュニジアで買ってきた)
いちじくのお酒「ブッハ」だったかも・・・。
後から調べてみたら、本当に有名なお酒で
100%チュニジア産のいちじくを蒸留して作るブランデーだったようです。
一緒に計画したお友達は好きな3大デザートの中に
いちじくが入るというくらいのいちじく好きで、
お酒を飲んで「いちじくの味がする!」と言っていたのですが・・・。
私にはさっぱりでした。笑

いちじく幸せいっぱいありがとう。

at 23:33|PermalinkComments(4)

2006年09月18日

こんがり幸せ

本日は今度結婚するお友達のおうちへ♪
友達にお祝いをしたかったのと、
是非お世話になっているお母様にもご挨拶がしたくって。
なぜならここのお母様!
ものすごくお料理がお上手。
私はいつもイカナゴのくぎ煮やキッシュをもらっていて
いつかそのキッシュを教えて欲しいと思っていました。

念願かなって本日はエミコ先生(友人母)のお料理教室♪

下ごしらえをしてもらっていたので
私は本当にのせて焼くだけ(笑)
でもお土産にキッシュとお皿と
そのレシピももらってしまいました!!

次のボーナスでオーブン買おうかな♪

dscf3933.jpg


エミコ先生のキッシュレシピを紹介

タルト台
<材料>直径24㎝皿1枚分
・小麦粉 250g
・バター 125g
①小麦粉とバターが混ざったら、卵黄1個と牛乳大さじ3と1/2を加えてまとめる。
②冷蔵庫で30分寝かせる。
③厚さ2mmにのばし、皿に敷き込み、生地がふくらまないように重石をし、180℃のオーブンで15分焼く。

ソース
<材料>
・牛乳 2/3カップ
・生クリーム 1/2カップ
・卵 3個
・塩、コショウ、ナツメグ、各少々
卵を割りほぐし、他の材料と混ぜ合わせておく。


<材料>
・ほうれん草 1束(ゆでてざく切り)
・じゃがいも 中3個(ゆでてざく切り)
・玉ねぎ 中1個(あらみじん)
・ベーコン 5枚(細切り)
・マッシュルーム
①玉ねぎを炒め、ベーコン、マッシュルームの順で加え、塩コショウで味付けする。
②タルト台に①をいれ、ほうれん草、じゃがいも、チーズをのせてソースを流し込む。
③180℃のオーブンで35~40分焼く。

オーブンがうちにきたらやってみよう!!

at 13:52|PermalinkComments(0)